宮尾節子(みやお・せつこ)

高知県出身。飯能市在住。

2014SNSで公開した詩「明日戦争がはじまる」の爆発的な拡散で各種メディアで話題になる。

既刊詩集『かぐや姫の開封』『妖精戦争』『ドストエフスキーの青空』『恋文病』『明日戦争がはじまる』など。

「日曜詩人学校」「前橋文学館 ことばの学校」「劇団こまつ座」「69の会」「SLYP」「福島詩祭」「UPJ6」「ことばのNEWTOWN 」等でワークショップ・朗読・講演・詩の講座・トークを行う。

近年は、いとうせいこう is the poet・よしだよしこ・中川五郎等音楽家たちとのコラボによるポエトリーライブを各所で行い、ジャンルを超えた詩の世界を展開中。

第10回現代詩ラ・メール賞を受賞。Pw連詩組主宰。

クラウドファンディング達成により出版した最新詩集『女に聞け』が、週刊文春WOMAN 創刊一周年記念号で〝世界〟を知る読書の1冊に選ばれる。

 

女に聞け 宮尾節子

 

 

「明日戦争がはじまる」の詩がネットから日本中を駆け巡った2014から5年後

2019年にクラウドファンディングにより出版がされた詩集です。

宮尾節子さんの詩の力に心を強く揺さぶられます。

なぜ「女に聞け」なのか。

ぜひお手に取ってご覧いただきたい1冊です。

 

響文社さまより販売の許可をいただきこちらでご案内しています。

スマートレターでの発送になります。

¥1,800

  • 在庫あり
  • お届け日数:1週間程度